朝起きられない原因は?

「なんだか最近はすっきりと目覚めることがないなぁ・・・。」

 

こんな風に朝起きられない人が増えています。

 

あなたもそんな1人ではありませんか?

 

朝起きれない原因は実はたくさんあります。

 

 

1.寝不足

 

当たり前の話ですが睡眠時間が少ないと
どうしても頭が働きませんし、朝起きることもできません。

 

最低でも6時間以上の睡眠は毎日すっきり目覚めるためには必須です。

 

 

2.ストレス

 

仕事、家庭などでいろいろとストレスを抱え込んでいる人は
朝起きることも億劫になりがちです。

 

ストレスは知らない内に身体に害を与えて
眠りの質を悪いものにしてしまいます。

 

結果としてきちんと寝ても身体がだるい状態が続いてしまいます。

 

気持ちよく寝るにはストレスを解消することが必要になります。

 

 

3.食べ過ぎ・飲み過ぎ

 

夜の付き合いで外食やお酒の量が多いと朝起きることができません。

 

胃や肝臓の働きが低下しているからです。

 

サプリメントなどでケアしておくと多少は改善するでしょう。

 

海乳EXは店舗ではなくネットで買うとお得です。

 

 

4.うつ

 

最近多いのがうつの症状で朝起きることができないというものです。

 

自覚症状が突然表れるので、おかしいと思ったらすぐにでも医師に診察してもらいましょう。

 

 

以上の理由が朝起きれない原因として考えることができます。

 

自分の意志が弱いから起きることができないと考える前に
毎日の生活習慣を見つめなおして、どこかよくない部分がないかを探してみましょう。

目覚めの良い起き方にしよう!

目覚めの良い起き方をまとめてみたので
朝がだるいという人は実践してみてください。

 

 

1.太陽の光を浴びるようにする

 

太陽の光は細胞の活動を活発にする手助けをしてくれます。

 

人間は長い年月、太陽の光とともに起き、日没とともに休息をしていたので、
遺伝子の中にその記憶があるのかもしれませんね。

 

やり方としては雨戸やカーテンを開けておき、
自分の寝ている場所に太陽の光が差しこむ形にしておけばいいです。

 

 

2.目覚めるタイミングを調整する

 

睡眠は基本90分間隔でレム睡眠とノンレム睡眠がやってきます。

 

レム睡眠のときに目覚めるとスッキリと起きることができるとされているので、
自分が布団に入った時間から計算して起きる時間を調整すれば
スッキリ起きるタイミングを自分でコントロールできるようになります。

 

 

3.水をコップ1杯飲む

 

朝起きてすぐにコップ1杯の水を飲むと目が覚めます。

 

寝ている間に汗をかくので水分補給の意味でも水を飲むというのはいいことです。

 

また、お通じがよくなる可能性があります。

 

 

4.ストレッチをする

 

ふとんやベッドに寝ている状態で、ゆっくりと身体を伸ばしてください。

 

身体がスッキリして起きるのが楽になるでしょう。

 

 

ほかにもいろいろと目覚めの良い起き方はありますが全部やる必要はありません。

 

自分の寝起きの状態を確かめた上で行ってください。

 

大事なことは「気持ちよく起きること」ですから。